囲碁合宿レポート(2日目)

8月11日(土)~12日(日)に行われた囲碁合宿の2日目のレポートです。

1日目のレポートはこちら


2日目は「プリント選手権」からスタート。

詰碁・手筋・ヨセの3ジャンルのプリントを解いてスコアを競うものです。

今回のプリント選手権の特徴は、全員問題が違うこと!

4つのプリントのセットを作って、好きな番号を選んで解いてもらう形式でした。

難易度は同じになるように作ってはいましたが、得意不得意もあるはずなので、ある意味運も必要なプログラムでしたね('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

ちなみに出題が難しかったようで、全ジャンル平均点は50点(100点満点)を下回っていました…(中の人反省)


その後はリーグ戦の続きをやってお昼休憩。

デザートには教室のお庭で採れたブルーベリーのジャムを使ったヨーグルトも!

食べ物も色々充実しています(笑)


お昼休憩後のプログラムは「ヨセバトル」!

ヨセの勉強法としてよくあるものですが、プロの碁を途中まで並べて、大ヨセから自分達で打つというゲームです。

もちろん打ち終わった後は、実際の進行を並べて答え合わせもします。

今回は棋力が近い生徒同士をペアにして実施。

生徒同士の出来上がり図と実際の棋譜を見比べると、例えば本来白が大きくヨセているはずの場所が黒地化していたり、興味深い結果になっていました。

ちなみに対局結果はどちらも上手が勝利していました。(一応下手に勝った方の手番は持たせていましたが)


プログラム最後は「10秒碁トーナメント」。

リーグ戦と同じくオールハンデ戦ですが、早碁の得意不得意が結果に出ますね。

優勝は秒碁慣れしているサブ講師が持って行きましたが(笑)、それ以外では生徒が頑張っていました。


残り時間はペア碁をして表彰式へ。

今回はリーグ戦のほか、各プログラムの順位にもスコアをつけてその総合スコアの表彰を行いました。

総合スコアでトップに輝いたのは、リーグ戦も優勝した二段の生徒。

賞品は好きな囲碁グッズを選べるというものでしたが、目玉の(?)棋書を持って帰りました( ̄▽ ̄)

それをしっかり勉強して更なるステップアップに繋げてほしいですね!


また他の生徒たちも各プログラムの成績から棋力関係のない結果も出ていました。

それぞれ長所と短所があるので、段位には縛られず自分の得意分野を伸ばしていってほしいと思います('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

講師陣もそれらを参考に今後の指導に繋げていきたいですね。


2日間、参加生徒、講師陣、そして参加させてくださった保護者の皆さま、本当にお疲れ様でした!

綺羅こども囲碁教室

「綺羅こども囲碁教室」は秋田市御所野にあるこども囲碁教室です。 毎週土曜日10:00~12:30の通常お稽古のほか、県代表クラスを目指している子どもたちには特別お稽古も行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000